不動産投資、投資マンション、マンション経営のことならルーブルマンションシリーズのTFDコーポレーション

最新の投資マンションの経営情報や物件情報をお届けします。

会員登録はこちら

  • TFDが選ばれる理由 Why TFD?
  • ルーブルシリーズ About LOUVRE Mansion Series
  • マンション経営について Apartment Management
  • 分譲実績一覧 Sales Lecords
  • 会社概要 Corporate Profile

ホーム > マンション経営の魅力 > 老後の年金対策として

マンション経営の魅力

老後の年金対策として

老後の「私的年金」になります。

将来の暮らしを支えてくれる収入源として、今、ワンル-ムマンションの購入をこ検討される方が増えています。
というのも、現在の公的年金の平均支給額が65歳以上のご夫婦で約280万円なのに、総務庁の試算する夫婦の老後の生活費は月30万円。さらに、さまざまな経費がプラスされるので、夫婦2人の老後を考えた場合、年間で400万円の生活費がおおよその目安となるようです。制度改正でやむを得ないこととはいえ、今後さらに低下する年金の給付水準を考えると私たちの老後はますます不安です。

65歳以上1人に対して、20~64歳は1.2人(推計)※2050年 平成24年版 高齢社会白書

TFDグループの『マンション経営』は、そんな将来の暮らしを支えてくれる、いわば「私的年金」です。たとえば、購入に住宅ローンを組んだ場合でも、物件によっては、家賃収入がローン返済額を上回るものもありますし、ローンを組まずに購入すれば、直後から家賃収入が手元に入ってきます。住宅ローンを組んだ場合でも、定年前に完済するようにローンを組めば、以後は家賃収入のすべてを月々の生活資金に回すことができ、安定した収入が確保できるわけです。家賃は景気にも左右されにくいので、ゆとりある老後生活を楽しんでいただくことができます。

保険料の負担は毎年少しずつ重くなっていきます。

現在、厚生年金保険の保険料率は17.12% (本人と企業が半分ずつ負担する)です。平成16年10月から毎年0.354%ずつ引き上げられ、平成29年9月以後は18.30%で固定されます。一方、自営業者や学生などで20歳以上60歳未満の人が加入する国民年金の保険料は定額制で、現在月額1万5040円です。平成17年4月から月額で毎年却280円ずつ引き上げられ、平成29年4月以後は1万6900円(平成16年度価格)で固定されます。

●厚生年金保険料負担が増加します。

●年金給付水準が引き下げられます。

現行のモデルケース(夫が40年会社員、妻が40年専業主婦)で、給付水準が現役の可処分所得(月収40万円)の59.4%となっているものを、2022年までに50.2%へ引き下げようというものです。

●年金+家賃収入でゆとりある老後を…。ワンルームマンションを購入すると、完済後にはマンションが自分の資産となり、家賃収入が得られ、ゆとりある老後が送れます。

ルーブル会員募集中 最新の投資マンションの経営情報や物件情報をお届けします。

会員登録はこちら

Page up

株式会社TFDコーポレーション
東京都港区赤坂4丁目2番6号住友不動産新赤坂ビル8F
TEL:03(3582)2111(代表)

  • TFD Estate
  • TFD Community