不動産投資、投資マンション、マンション経営のことならルーブルマンションシリーズのTFDコーポレーション

最新の投資マンションの経営情報や物件情報をお届けします。

会員登録はこちら

  • TFDが選ばれる理由 Why TFD?
  • ルーブルシリーズ About LOUVRE Mansion Series
  • マンション経営について Apartment Management
  • 分譲実績一覧 Sales Lecords
  • 会社概要 Corporate Profile

ホーム > マンション経営の魅力 > 様々な投資と比較

マンション経営の魅力

様々な投資と比較

マンション経営とその他金融商品比較

資産運用は収益性とリスクのバランスがとれた商品を選ぶことが重要です。資産運用型マンションを実際に他の金融商品と比較してみると、手間も少なく低リスクで、初めての方でもスタートしやすい商品であることがわかります。

マンション経営の資産的優位性について

金融商品にはそれぞれ一長一短があり、リスクとリターンは表裏一体の関係であることがわかります。ご自身の目的や考え方、状況に合った手段を選択することが重要です。

預金について

預金は極めてリスクが低く手間なども掛かりませんが、資産を増やすという面では不利と言えます。またインフレリスクに弱いということも考えなければなりません。

有価証券について

有価証券は、収益性の非常に高いものも存在しますが、選択する商品や銘柄に大きく左右されます。また景気動向などにも大きな影響を受け発行母体によっては紙くず同様となってしまうケースもあります。
つまり選択時や購入や売却時のタイミングなどを決定する運用者本人の知識や経験が運用成績に大きく影響します。また相場のチェックや銘柄選定などの手間を考えると本業が忙しいサラリーマンの方などには不向きと言えそうです。

不動産について

一般的な不動産は流動性以外の面が優れていると言えますが、有価証券同様こちらも目利きがものを言います。有価証券以上に専門的な知識、情報ネットワークなどが必要となり、実際には手をのばしにくい選択肢と言えます。

マンション経営について

当社がご提案するマンション経営は、一般的な不動産同様に流動性部分にやや難がありますが、収益性と安全性、そして「始めやすさ」のバランスがとれたプランであると言えます。
流動性リスクについても、中長期のライフプランとしての目的であることと、ローンを活用することで自己拠出額を少なくし運用面でカバーすることができます。また財形貯蓄の様な「強制的な積立ての仕組み」と捉えると、より一層中長期の運用として優位なポジショニングであると考えることもできます。
そして資産運用をする上でなんと言っても見逃せないポイントは「自己資金」と「手間」の多寡による「始めやすさ」です。

ルーブル会員募集中 最新の投資マンションの経営情報や物件情報をお届けします。

会員登録はこちら

Page up

株式会社TFDコーポレーション
東京都港区赤坂4丁目2番6号住友不動産新赤坂ビル8F
TEL:03(3582)2111(代表)

  • TFD Estate
  • TFD Community